1歳~2歳児と楽しむマクドナルド!注文時のポイント等まとめ

こんにちは!ゆゆなです。

離乳食が完了し幼児食へ移行した後は、
親子そろって外出先でご飯を食べる機会も
多くなるかと思います。

外食の定番としてマクドナルドが挙げられますが、
塩分・脂肪分が多く、健康に悪そうなイメージを
お持ちの方も多いのでは無いでしょうか。

今回は子供を連れてのマクドナルドをテーマに
注文時のポイントなどを紹介させて頂きます。

目次

幼児食中の子供が食べられるメニューはある?

さっそく本題とはなりますが、
明確な対象年齢の表記は無く、親次第とはなりますが、
幼児食中の子供が食べられそうなメニューは存在します。

我が家でよく利用させて頂いているのはプチパンケーキとなり、
直径5cnほどのパンケーキが7枚ほど入ってます。

その他、「ヨーグルト」「ミルク」「リンゴ/野菜ジュース」等のサイドメニューも
用意されてますので、ハッピーセットでお得に注文するか
プチパンケーキ単品で注文するかはその時の状況で使い分けることができます。

プチパンケーキ

プチパンケーキを紹介させて頂きましたが
実際に食べさせるとなった場合、
親目線で気になる点は多々あります。

その代表例としては「はちみつ」の使用有無が挙げられますが、
シロップ含め、原材料に「はちみつ」の表記はありませんので、
この点は安心できます。

但し、マクドナルド公式ホームページ(注1)によると以下のアレルギー食材は
使われてますのでこの点の注意は必要です。

・小麦
・乳
・卵
・大豆
※りんご&クリームに関する情報は記載がありませんが、
 間違いなくりんごは使ってると想定されます。

上記アレルギーをお持ちの子供に食べさせることは
できませんが、柔らかいためちぎりやすく、
甘すぎないため家族でマクドナルドを利用する際は、
ぜひ一度食べてみてください。

栄養価について

体に悪いというイメージをお持ちの方もいらっしゃるかと存じますので、
3/17時点のマクドナルド公式ホームページ(注1)の情報を元に
ハッピーセットで以下を注文した場合を想定します。

・メイン:プチパンケーキ
・サイド:ヨーグルト
・飲み物:野菜生活100

カロリータンパク質脂質食塩
プチパンケーキ161kcal3.8g4.4g0.8g
ヨーグルト59kcal3.2g0.8g0.1g
野菜生活77kcal0.8g0.1g0.1g
合計297kcal7.8g5.3g1.0g

厚労省(注2)が公表している1歳~2歳の1日の目安カロリー等は
以下の通りですので、意外かとしれませんが、
1食分で換算すると比較的ちょうどよい結果になります。

カロリータンパク質脂質塩分
男性950kcal20g20g~30g3.0g
女性900kcal20g20g~30g3.5g

但し、栄養素は上記以外にももちろんあり、野菜不足な点は否めません。
市販のベビーフードの方が栄養価が高いのは間違いありませんので、
たまにご褒美として利用するといった使い方が理想的です。

注意点について

マクドナルドでは子供向けの商品として
上述させて頂いた「ハッピーセット」が存在します。

幼児食中の子供が食べられそうなサイドメニューとして、
他にも「えだまめコーン」が発売されているのですが、
マクドナルド公式ホームページ上において、
気管に入るリスクがあるため3歳までは控えるようアナウンスされてます。

実際頼んでみると気持ち大き目の枝豆であり、
また、受け取り直後は商品が熱いため、
小さい子には少々不向きと感じます。

普段の食事でえだまめやコーンを子供に
与えているご家庭は多いかと思いますが、
外出先でのトラブル抑止のためにも、購入時は
注意してあげるようにしてください。

注文のカスタマイズについて(ハンバーガー/ポテト)

おすすめメニューとして、プチパンケーキを
紹介させて頂きましたが、マクドナルドの王道と言えば、
「ハンバーガー」「ポテト」ですよね。
もちろんハッピーセットでこれらを選択することが可能です。

カロリー等の面から与える量に注意は必要ですが、
これら2つを子供向けに少々カスタマイズして注文することが可能です
ので、
紹介させて頂きます。

ハンバーガー(チーズバーガー含む)

ハンバーガーの中身をカスタマイズして
注文することが可能です。

以下食材の有無を変更することができ、
子供の好き嫌いや塩分を加味して注文が可能です。

・ピクルス
・オニオン
・ケチャップ
・マスタード

ハンバーガーのカスタマイズについては、
店頭/ドライブスルー/モバイルオーダー/デリバリーの
いずれの手段でも注文可能なので、積極的に活用してみてください。

ポテト

ポテトの塩分量をカスタマイズして
注文することが可能です。

「塩抜き」「塩少なめ」を選ぶことが可能ですので、
「塩抜き」で注文することで塩分対策が見込めます。

但し、店頭/ドライブスルーのみでの対応となり、
また提供までに結構時間を要するケースが多いため、
この点は注意が必要です。

まとめ

幼児食中の子供とマクドナルドを
利用する際のポイントについて紹介させて頂きました。

マクドナルドは全国各地に店舗があり、
食事やおやつ等、様々な用途で利用できます。

栄養素やアレルギー情報等は
しっかり公開されており安心感はありますので、
たまに親子でマックを楽しむ!といった使い方で
楽しんでみてはいかがでしょうか。

■参考文献、URL
注1)マクドナルド公式ホームページ(2023年3月19日参照、https://www.mcdonalds.co.jp/)
注2)厚生労働省、2020年、「日本人の食事摂取基準(2020年版)」策定検討会報告書(2023年3月19日参照、https://www.mhlw.go.jp/file/05-Shingikai-10901000-Kenkoukyoku-Soumuka/0000042642.pdf)

よかったらシェアしてください!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

CAPTCHA

目次