意外と知らないアイスの種類!子供におすすめの市販アイスを合わせてご紹介

こんにちは!ゆゆなです。

子供が好きな食べ物の1つに「アイス」が挙げられます。
普段のおやつはもちろんのこと、
処方された薬を飲ませる等、育児の中で役立つ場面もあり、
日常的に与えているご家庭も多いかと思います。

私もこれまで何気なく購入していたのですが、
アイスは4種類に分けることができ、
安全面を意識する場合、「アイスクリーム」が良いとされています。

本記事では子供におすすめしたい市販のアイス、
アイスとの付き合い方をテーマに紹介して参りますので、
育児をされている方はぜひ参考にしてください。

目次

アイスの種類

冒頭で簡単に触れさせていただきましたが、
アイスは含まれる乳固形分乳脂肪分の量で
4種類に分類することができます。

パッケージ裏の「種類別」欄に
記載されてますので、購入前に一度見てみてください。

・アイスクリーム
・アイスミルク
・ラクトアイス
・氷菓

各々の概要と代表商品を紹介致します。

アイスクリーム

身近な商品としては、
「ハーゲンダッツ」「レディーボーデン」「MOW」「ピノ」等が
挙げられます。

アイスクリームは乳固形分15.0%以上、乳脂肪分8.0%以上のものを指します。
これらの値が他のアイスの種類の中でも1番高いため、
風味がよく濃厚で栄養的にも優れていると言えます。

また、アイスクリームには植物性油脂を
添加することができず、余計な材料が含まれないため、
安心して子供に与えることができます

アイスミルク

身近な商品としては、
「雪見だいふく」「チョコモナカジャンボ」等が挙げられます。

アイスミルクは乳固形分10.0%以上、乳脂肪分3.0%以上のものを指します。
アイスクリームよりは少ないものの、牛乳と同程度の乳成分になります。

尚、アイスミルクは植物性油脂を添加しても良いとされているため、
健康に悪影響を及ぼす可能性が考えられます。

ラクトアイス

身近な商品としては、
「スーパーカップ」「爽」「クーリッシュ」「PAPICO」等が
挙げられます。

ラクトアイスとは、乳固形分3.0%以上のものを指します。
乳脂肪分に関する規定は無いため、
多くのラクトアイスは牛乳ではなく
植物性油脂、食品添加物が牛乳の代わりをしています。

このため、他の種類のアイスよりも価格を安く抑えられますが、
健康に悪影響を及ぼす可能性が考えられます。

氷菓

身近な商品としては、
「ガリガリ君」「アイスボックス」「アイスの実」等が挙げられます。

氷菓は乳固形分3.0%未満と少なく、
ミルク感はほとんどありません。

氷に近いアイスとなり、
果汁などで作られたシャーベットや
ジュースを凍らせたアイスキャンディー、
かき氷が該当します。

アイスの選び方

先に紹介させて頂いた通り、
アイスは大きく4種類に分けられ、
各々成分や特徴が異なります。

子供に与える場合、親としてはできるだけ
安全なものを選択したいところですので、
材料がシンプルな以下2種類が選択肢としてはおすすめです。

アイスクリーム
氷菓

尚、アイスには卵やりんご等、
牛乳以外の材料が含まれていることも多いです
また、はちみつが使われているケースもあるため、
子供がアレルギーをお持ちの場合はもちろんのこと、
購入前に材料の確認をしてあげてください。

アイスは何歳になってから?

ここまで「アイス」の種類をメインに記載させて頂きましたが、
子供と「アイス」の付き合い方について少し触れさせていただきます。

まず、「アイス」を与える月齢についてですが、
一般的には離乳食完了樹となる、
1歳頃からが目安と言われてます。

この主な理由としては、以下のような点がよく挙げられます。

虫歯のリスクが高まる可能性がある
・味が濃いため離乳食の進行に支障が出る可能性がある
・牛乳は1歳以降からが望ましいとされているため

また、1歳児における砂糖の量は
1日当たり約4gとされており、
冷たいアイスは胃腸に負担もかかります。

アイスの原材料を意識することも重要ですが、
胃腸の機能が大人並みに近づくとされている
3、4歳頃までは与える量を気にしてあげ、
与える量を制限することが最も大切ではないかと感じます。

子供におすすめのアイス

これまでに以下2つが子供と食べるアイスとして
おすすめである旨を紹介させて頂きました。

・アイスクリーム
・氷菓

このうち「アイスクリーム」はカップであることが多く与えやすい点、
材料がシンプルであることが多い点から、
「アイスクリーム」に該当する以下商品がおすすめです。

普段の日常

おやつなど、日常の中で与える際は、
MOW」のバニラを与えてます。

理由として、アイスクリームは高額であることが多いのですが、
本商品は価格が抑えられているにも関わらず、ミルク感がしっかりあり、
非常に満足感が高いです。
尚、車の中など、与えやすさを重視する状況下では、
ピノ」を与えてます。

誕生日等、特別な日

誕生日や子供の日など、少々特別な日は
定番ですがハーゲンダッツ」のバニラを基本的に与えてます。

なめらかで食べやすく、飽きないおいしさが魅力である点をはじめ、
何よりコンビニ等、販売店舗が多く購入の難易度が低い点が主な理由です。
しかし、乳脂肪分は高いため、与えすぎないよう配慮が必要です。

また、販売店舗が限られている印象なのですが
以下商品も子供の反応が良く、非常におすすめです。

まとめ

アイスの種類や子供におすすめの市販アイスを
テーマに紹介させて頂きました。

普段何気なく購入しているアイスも
実は種類があったりと、子供に与えるにあたり、
意識したいポイントが何点か挙げられます。

子供の機嫌を取りやすいアイスは
時には育児の負担を低減してくれますので、
特別なおやつとして、たまに与えてみてはいかがでしょうか。

本記事が少しでも参考になれば幸いです。

よかったらシェアしてください!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次