夏を乗り切れ!お散歩(お出掛け)やお家プール時に押さえておきたいポイントまとめ

こんにちは!ゆゆなです。

夏も本格的にスタートし厚い日々が続いてます。
自宅でプールをしたり、夕方にお散歩に出かけたりと、
子供との付き合い方も変わる時期です。

日焼け止めや虫よけ、熱中症対策、
自宅でプールをする際の準備などなど
夏における注意点の対策を検討されている方も
多いのではないでしょうか?

本記事では夏に意識しておきたいポイントと
その対策、おすすめアイテムについてご紹介していきますので、
初めての夏を迎える方はぜひ参考にしてください。

目次

お散歩時のポイント

赤ちゃんにとってお散歩は良い刺激となりますので、
日々の日課にされている方も多いと思います。

しかし、炎天下でのお散歩は赤ちゃんの体力を消耗させるだけでなく、
熱中症や肌トラブル等につながってしまいかねないため、
しっかりと対策を講じる必要があります。

熱中症対策

多くの方が意識されている点かと思いますが、
熱中症は命に関わりかねません。
特に赤ちゃんは体温調整や肌、体力等、
大人と比較して未熟な点が多々ありますので、
入念な対策が必要です。

主な対策としては以下が挙げられます。

・こまめに水分補給をする
・お散歩の時間帯を考慮する
・体を冷やすアイテムを使う

こまめに水分補給をする

マグや水筒に麦茶、湯冷まし等を用意し、
こまめに水分補給をするようにしましょう。

赤ちゃん用のポカリスウェットやジュースなどを与える場合は、
くせになってしまう可能性があるため、
与え過ぎないようにご注意ください。

お散歩の時間帯を考慮する

紫外線が強く、気温が高くなる時間帯としては、
概ね午前10時頃~午後14時頃となります。

特にベビーカーを使用している場合、
アスファルトの照り返しにより気温以上の
暑さとなってしまいます。

そのため、お散歩の時間帯としては、
早朝や夕方といった涼しい時間帯が理想的です。

体を冷やすアイテムを使う

ベビーカーに取り付けられる扇風機や、
ベビーカーや抱っこ紐に括り付けて使う
保冷剤等、様々なアイテムが売られてます。

帽子やウェットティッシュで汗を拭いてあげるだけでも
十分効果が期待できるため、予算等と相談し、
何らかの対策をしてあげるようにしましょう。

抱っこ紐に括り付けて使う保冷剤は
使いやすいためおすすめです。
我が家では可愛かったので以下を使ってます!

日焼け、紫外線対策

赤ちゃんの皮膚は大人に比べ薄いため、
紫外線の影響を受けやすいです。

UVカットタイプのベビーケープを使ったり、
赤ちゃん用の日焼け止めを顔だけでなく、
腕や足にも縫ってあげる等が効果的です。

尚、赤ちゃんの肌はデリケートですので、
日焼け止めクリームを選ぶ際は
刺激が少ないベビー用で、ノンケミカルなものを
選ぶようにしてください。

我が家でも様々な日焼け止めを試しましたが、
以下の日焼け止めを使ってます!
少々値段が高いですが肌トラブルもなく、
日焼け効果も十分なのでおすすめです。

虫よけ対策

赤ちゃんは新陳代謝が活発なため、
汗をかきやすく、虫に刺されやすいです。

虫よけ対策アイテムとして、
ジェルタイプのものやスプレータイプ、
シールタイプのものなど、様々な種類がありますが、
スプレータイプがおすすめです。

赤ちゃんが吸い込んでしまわないように
注意する必要はありますが、
洋服やベビーカー、抱っこ紐等に使えるため、
とても汎用的で使いやすいです。

お家プール時のポイント

暑い日の定番としてプールが挙げられます。
コロナ禍ということもあり、お家でプールを
行う家庭も多いかと思います。

浅い水深でも油断は禁物ですので、
赤ちゃんから目を離さないことが最も重要ですが、
こちらは認識されている方が大多数だと思いますので、
その他意識したいポイントについて記載していきたいと思います。

プールデビューの月齢

プールデビューは0歳というケースが過半数程になりますが、
赤ちゃんの成長速度には個体差がありますので、
決まった月齢はありません。

一つの基準としては、首が座っており、
自分で座れることになりますので、
概ね生後6か月頃からであればプールを楽しむことが
できると考えられます。

赤ちゃんの体力等も加味して無理しない程度に
実施するようにしてください。

プールの温度や水位

水温は30度前後くらいが適温ですので、
水道水そのままはNGです。
朝に水を入れて温める、もしくはお湯をまぜるなどをして
水温を調整するようにしてください。

また、水位は腰くらいまでの高さが理想ですので
10cm以下までにしましょう。

深くすると、事故の原因になる可能性がありますので、
注意してください。

熱中症対策

プールの場合、汗をかいても体が水で濡れていることから、
水分補給をおろそかにしがちです。

プールだからと言って油断せず、
こまめな水分補給を心がけるようにしてください。

日焼け、紫外線対策

プールをする場合、気温の高い時間帯が適してますが、
日差しや紫外線が強いため、日陰で実施するのが
おすすめです。

また、日陰であっても紫外線の影響を少なからず
受けますので、日焼け止めや長袖の服を着用する等での
対策が効果的です。

最近では赤ちゃん用のラッシュガードも売られてます。
紫外線対策だけでなく、水温の影響を受けにくくする効果も
期待できるため、おすすめです。

まとめ

夏にお散歩やお家プールを実施する際に
押さえておきたいポイントをご紹介させて頂きました。

赤ちゃん用の日焼け止めやラッシュガード等、
様々なアイテムが売られてますので、
一度ベビーショップ等を訪ねてみるのもおすすめです。

厚い日々が続いてますが、適切な対策を講じ、
赤ちゃんと素敵な夏を過ごしてください!

よかったらシェアしてください!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次