赤ちゃんにベビーパウダーって必要?不要?常識ではなくなった理由について

こんにちは!ゆゆなです。

実家へ帰省した際など、両親や義母から
ベビーパウダーを使うよう促されたことがある方は
少なくないのではないでしょうか?

実際、私が小さいころは当たり前のようにベビーパウダーがあり、
お風呂上がりにベビーパウダーを使っていたことを覚えてます。

しかし、自分がいざ出産してみると両親から指摘されるまで、
ベビーパウダーの購入を検討したことすらなく、
今思うとベビーパウダーの話は全く聞かなくなりました。

以下のような疑問をお持ちの方はぜひ本記事を
一読頂ければと思います!
・ベビーパウダーの用途は?
・なぜベビーパウダーは使われなくなったのか
・今はベビーパウダーの代わりに何が使われてる?

目次

ベビーパウダーとは?その用途について

ベビーパウダーとは、赤ちゃんのあせもやおむつかぶれを防ぐために肌に塗布する粉末のことです。
トウモロコシのデンプンであるコーンスターチと、タルクと呼ばれる鉱物が主な原料です。

赤ちゃんは汗腺が多いですが、ベビーパウダーにより、
肌の水分を適度に保ったり、肌をサラサラにする効果が期待できます。

そのため、ベビーパウダーを赤ちゃんに使う目的としては
以下が挙げられます。

1.あせもやただれなどの肌トラブル防止
2.オムツかぶれの予防
3.股ずれ防止

なぜベビーパウダーが使われなくなったのか

調べると様々な記事が確認できますが、
主な原因としては、約30年ほど前に発がん性物質である
アスベストがベビーパウダーに含まれていたことが原因のようです。

この問題はすでに解決されていると、
ベビーパウダー販売会社のホームページ等で
案内がされてますが、それ以外の危険性として以下が挙げられてます。
・ベビーパウダーの吸い込み
・ベビーパウダーが汗腺をふさいでしまう

ベビーパウダーの吸い込み

ベビーパウダーを首回りや顔の近くに塗ってしまい、
赤ちゃんが吸い込んでしまうと気道の粘膜などに付着し、
呼吸器に影響が出てしまう可能性が指摘されてます。

ベビーパウダーが汗腺をふさいでしまう

ベビーパウダーを厚めに塗る、ダマになるように塗る等、
つけすぎることで汗腺を粉末でフタをしてしまうようです。
その結果、あせもやかぶれを悪化させてしまう可能性が
指摘されてます。

ベビーパウダーの代用品は?

現在はベビーローションやベビーオイル等、
ベビーパウダーよりも効果が期待できる、
赤ちゃんのスキンケア商品が存在します。

一方で赤ちゃんの肌質や体調によって
「合うスキンケア」「合わないスキンケア」があり、
「合うスキンケア」がベビーパウダーということも
もちろんあり得ます。

通院先の病院の先生も推奨はしていないといった
スタンスであり、完全に否定はされなかったので、
赤ちゃんに合ったスキンケア商品を
使ってあげるのがベストです!

ベビーパウダーの正しい使い方

①塗る量

ついたくさんつけたくなってしまうものですが、
つけすぎは禁物です。

つける量の目安は、肌の表面がうっすらと白くなる程度ですので、
容量を守って使ってあげてください。

②塗り方

はたいて使うと、空気中に舞ってしまうので注意してください。
そっとつけてあげるか、手のひらに薄く広げた状態で
使ってあげてください。
(首や顔周りは特に慎重に塗りましょう!)

③使用前は肌を乾燥させる

肌が濡れた状態でベビーパウダーを使うとベビーパウダーが固まり、
毛穴に詰まりやすくなってしまいます。
しっかり肌を乾かしてから使うようにしましょう。

④清潔にする

つけなおしをする際は前につけた分をしっかり洗い流してから
新しいベビーパウダーをつけてください。

また、ベビーパウダーを塗る親の手やパフが不潔では問題があります。
赤ちゃんの肌は敏感なので、つけるまえにはきちんと
清潔にしておきましょう。

まとめ

両親にベビーパウダーを勧められたことから、
使用方法や使われなくなった要因について記事にまとめました。

私の親世代と現在では考え方が変わっており、ベビーパウダーは
必須アイテムでも推奨アイテムでも無く、赤ちゃんに合わせて
必要であれば使うものとなってます。


ベビーパウダーを使ってみたいと考えられている方はもちろん、
両親に使用を強制されてしまった際などで
本記事をご参考に頂ければ幸いです。

よかったらシェアしてください!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

CAPTCHA

目次