子供とかき氷を楽しもう!おすすめの無添加シロップをご紹介

こんにちは!ゆゆなです。

今年の夏も非常に暑い日々が続いており、
エアコンに頼りきりの方も多いかと思います。

夏の定番の一つにかき氷が挙げられますが、
子供と一緒にかき氷機を使って、
楽しまれている方も多いのでは無いでしょうか?

本記事ではかき氷と切っても切り離せない、
かき氷シロップについて、無添加の商品に着目して
ご紹介させて頂きますので、子供向けに無添加の
かき氷シロップをお探しの方はぜひ参考にしてください。

目次

かき氷シロップの用意

かき氷シロップを用意する方法としては
大きく以下2点が挙げられます。

・手作りする
・商品を購入する

手作りに勝る安心感は無いですが、
普段の育児でなかなか時間の取れない中、
材料を用意して手作りするのは少々骨が折れます。

このため、市販のシロップを購入されている方が
多いかと思いますが、スーパー等で売られている多くの
シロップは甘味料や〇色〇号といった着色料をはじめとする
添加物が使用されており、小さな子供向けとは言いにくいです。

そこで小さなお子さんがいるご家庭におすすめしたいのが、
無添加、無着色のかき氷シロップです。

無添加かき氷シロップの注意点

無添加であることはもちろんメリットですが、
無添加ゆえの問題ももちろんあります。

主な懸念点、注意点としては以下4点が挙げられます。

・値段が高い
・賞味期限が短い
・鮮やかさが物足りない
・スーパー等で手軽に入手しにくい

値段が高い

市販に売られているものと比較すると、
どうしても高額になります。
頻繁にかき氷を実施されるご家庭の場合、
出費がかさんでしまいます。

賞味期限が短い

こちらは無添加ゆえ避けられない問題ですが、
基本的に数か月で期限を迎える商品が多いです。
ひと夏で使い切れる量を考えて購入する必要があります。

鮮やかさが足りない

お祭りなどのかき氷を食べ慣れていると、
鮮やかさの面でどうしても見劣りしてしまいます。

我が家でも長男は問題なかったのですが、
長女の反応が悪く、慣れるまでに少々時間を要しました。

スーパー等で手軽に入手しにくい

スーパーやコンビニで無添加のシロップを
入手するのは難しいのが実態です。

ネット等での購入がメインとなるため、
即時で入手されたい方にとっては不向きです。

無添加かき氷シロップの選び方

味や食感が好みであるかは実際に食べてみないことには
判断が難しいポイントであるため、ここではその他の観点で、
購入時に意識したいポイントに目を向けて記載致します。

・内容量
・保存方法
・費用

内容量

この点は最も意識したいポイントです。
前述させて頂いた通り、賞味期限が短いものが多く、
ひと夏で消費しきれる量で購入する必要があります。

家族の人数やかき氷の頻度等を加味して
購入を検討してみてください。

保存方法

シロップは基本的に常温保管ですが、
生シロップ等の一部の無添加シロップは
冷凍、冷蔵での保管となる商品もあります。

冷蔵庫の空き状況とよく相談して購入を検討してみてください。

費用

シロップによって値段や内容量は異なるため、
かき氷1杯あたりのコストで比較していく必要があります。

無添加シロップは賞味期限が短い傾向があるため、
1本の内容量も少なめとなっている傾向があります。

おすすめの無添加かき氷シロップ

我が家では昨年使用した商品と合わせて
これまでに計5つの無添加シロップを購入致しました。

今回はその中でおすすめな3つの商品を
おすすめ順に紹介させて頂きます。

フルーツバスケット かき氷シロップ

ご存じの方も多いかとは思いますが、
私はこちらのかき氷シロップが一番おすすめです。

果汁と砂糖で作られたシロップで
しっかり甘さを感じつつも比較的すっきりした味で、
我が家の子供たちも喜んで使ってます。

味の種類も比較的多く、常温保管(開栓前)できる点、
そこそこ日持ちする点
もおすすめポイントです。

我が家は4人家族となるのですが、
4人だと2回のかき氷でちょうど1本無くなるほどの
量であるため非常に使い勝手がいいです。

氷屋さんちの削氷 生シロップ

私の中では同率1位としたいところですが、
コストの面で2位とさせて頂きました。

10種類以上の味が用意されており、
バリエーションが豊富な点が魅力です。
また、フルーツバスケットのシロップと比較すると
色が鮮やかな印象を受け、味もしっかりおいしいです。

ネックな点としてはコストと、
冷凍保存商品となるため、冷蔵庫のスペースを
必要とすること、使用前に解凍の手間

発生する点が挙げられます。

信州自然王国 かき氷シロップ

こちらの商品は他の商品と比較すると、
容量に対するコストが抑えられている点が魅力です。

味のバリエーションも他の商品と同じく
比較的豊富であり、あんず等の変わり種も用意されている点が
なかなか面白いです。

ネックな点としては売り切れとなっている
ケースが少々多い印象であり、味が他の商品と
比較すると甘すぎるように感じます。

まとめ

夏の定番であるかき氷について
シロップに着目して記載させて頂きました。

市販の商品と比較するとどうしてもコストの面が
気になってはしまいますが、十分な安心感を
得られる点は大きなメリットだと感じます。

熱い日々が続いておりますが、
家族で涼を楽しむきっかけになれば幸いです。

よかったらシェアしてください!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次